野球

奥川恭伸はヤクルトが獲得!背番号や契約金は?開幕1軍の予想も!

スポンサーリンク

令和初のドラフト会議は何事もなく無事に終了しました。

今年のドラフトも注目選手が数多くいましたが、その中の一人である星稜高校の奥川恭伸投手はヤクルトが交渉権を獲得しました!

奥川恭伸投手は、150km/hを超える速球と精度が高い変化球を武器とする超高校級の投手で、今年のドラフトで注目されていました。

今回は、ヤクルトが獲得した奥川恭伸投手の背番号や契約金について紹介していきたいと思います。

また、奥川選手が来シーズン開幕から1軍で出場するのかについても予想していきたいと思いますので、最後まで楽しんでいってください。

スポンサーリンク

奥川恭伸のプロフィール

まずは、奥川投手のプロフィールを紹介していきます。

生年月日:2001年4月16日

出身地:石川県かほく市

身長:183cm

投打:右投右打

小学2年生の時に地元の野球クラブで野球を始め、中学時代は全国中学校野球体育大会で投手として全国制覇に貢献しました。

その後は星稜高校に進学し、1年春からベンチ入りを果たします。

奥川投手はこの時点で凄い選手だということが判明出来ますね!

1年生の春ってことは入学して間もない頃なので、並大抵の選手なら1年次はスタンドで応援することが多いですよ。

しかも星稜高校は野球の強豪校として知られているので、1年でベンチ入りすること自体極端に難しいです。

しかし奥川投手は入学早々ベンチ入りしていたので、凄い逸材だったんですね。

甲子園には、2年春の選抜から4期連続で出場しています。

そして8月の夏の甲子園では星稜高校2度目の準優勝に貢献し、奥川投手は準優勝投手となりました。

スポンサーリンク

奥川恭伸の背番号と契約金は?

ヤクルトの高津臣吾新監督は、就任早々大仕事をやってのけました!

巨人、阪神と競合の末に見事交渉権確定の当たりくじを引き当てました!

奥川投手は現在ヤクルトと交渉中ですが、もう間もなく入団が決まりそうですね。

そこで気になるのは、奥川投手の背番号や契約金ですね。

背番号はまだ決定していませんが、エースクラスの投手は10番台を付けるのが慣例なので、奥川投手は10番台を付けるかもしれませんね。

ヤクルトの背番号を調べてみると、以前所属していた由規投手(現楽天)が付けていた「11番」が空番になっているので、もしかすると奥川投手が11番を付けるかもしれませんね。

奥川投手と由規投手はタイプが似た投手なので。

次に奥川投手の契約金ですが、こちらもまだ発表されていません。

指名順や球団によって契約金は異なってきますが、1位指名された選手の契約金は「1憶円」ということが多いです。

契約金が1憶円で年俸が1500万円、プラス出来高払い5000万円かもしれませんね。

開幕1軍の可能性を予想

ここからは、奥川投手が来シーズン開幕1軍で出場出来るのか予想していきます!

奥川投手の技術はプロからも高く評価されていますが、プロのレベルは当然これまでとは比べ物にならないです。

ケガなどが無ければ、来年の春季キャンプは1軍で参加する可能性が高いです。

キャンプや、その後のオープン戦での結果で開幕1軍の判断が下されます。

しかし、いくら調子が良くても大事に育てたいという球団側の意向があった場合はあえて2軍でスタートということも珍しくありません。

ただヤクルトは投手陣の立て直しも図ってると思うので、もしかしたら奥川投手を即戦力として開幕から起用してくるかもしれませんね。

それに、高津監督は投手出身なので、投手の気持ちもよく分かっていると思います。

奥川投手にとってはとても心強いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

奥川恭伸投手は、間もなくヤクルトに入団が発表される見通しです。

背番号や契約金がもうすぐ分かるので楽しみです。

そして、春季キャンプやオープン戦の結果が良ければ開幕1軍の可能性があります!

今回は奥川恭伸投手について紹介していきました!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

スポンサーリンク